2021年度研究大会・総会(11月27日 オンライン開催)

オンラインでの開催を予告しました現代韓国朝鮮学会の研究大会・総会について、次のようにお知らせします。

1.日時:2020年11月27日(土)9時~16時30分 オンライン形式

2.オンライン運営主管校:常葉大学・静岡県立大学

3.登録方法:今回は、往復はがきによる案内/登録は致しません。

 会員の皆様には、10月半ばに別途メーリングリストを通じて情報提供をさせて頂きます

10月半ばから11月上旬にかけて参加を受け付け、事前にエントリーした会員にのみ、Zoomウェビナーのアドレスと資料のダウンロード方法をお知らせする予定です。

 メールアドレスの登録のない会員、今年度に入ってから一度も学会からのメールを受け取っていない会員は、至急、会員管理係(email hidden; JavaScript is required)にご連絡願います。

参加費/登録費は無料。※今回の研究大会には会員のみ参加可能です。

4.プログラム:

自由論題

・9:00~10:30  自由論題A:韓国の社会・経済

木下奈津紀(愛知淑徳大学)

「1970〜80年代における大宇の海外進出が果たした政治的役割-アフリカ諸国を中

心として-」[要旨]

金明中(ニッセイ基礎研究所)

「韓国における格差と社会葛藤に対する考察」[要旨]

討論 小林和美 (大阪教育大学)

司会・討論 中戸祐夫(立命館大学)

 ・10:40~12:10  自由論題B:北朝鮮

鴨下ひろみ(フジテレビ国際取材部、南山大学大学院博士課程後期)

「北朝鮮におけるメディア体系と『20時報道』」[要旨]

谷京(一橋大学大学院法学研究科法学・国際関係専攻博士後期課程)

  「日朝貿易における直接輸送と直接決済の実現過程」[要旨]

討論 森類臣(摂南大学)

司会・討論 三村光弘(環日本海経済研究所)

・12:10~13:30  休憩

・13:30~14:10  総会

 

シンポジウム

・14:30~16:30 シンポジウム「日本社会における韓国フェミニズム小説ブーム~『82年生まれ、キム・ジヨン』を研究する」[趣旨]

報告1 「韓国社会とジェンダー」春木育美(早稲田大学韓国学研究所)

報告2 「K文学、メディアはどう報じたか」桜井泉(朝日新聞社)

報告3 「K文学と女性作家」斎藤真理子(翻訳家)

総合討論

 趣旨説明 小針進(静岡県立大学)

 司会 福島みのり(常葉大学)

 

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.