定例研究会(第28回)のお知らせ

第28回定例研究会まで1カ月を切りました。下記の要領で開催いたします。どうぞ奮ってご参加下さい。

日時:6月1日(土)13時半~17時

場所:龍谷大学大宮キャンパス(京都市)

   「東黌(とうこう)302講義室」

13:30-15:00 研究報告

  司会進行:宮本悟(聖学院大学)

   高城建人(神戸女子大学)
     「李承晩政権の選挙独裁論に対する批判的考察―1956年大統領・副大統領選挙
      結果分析を中心に―」
            討論:金栄鎬(広島市立大学)

     成瀬友裕(慶應義塾大学)
                  「1970年代の朴正煕政権による民団政策の変遷過程:在日民族団体をめぐる南
                    北対立の視点を中心に」
            討論:出水薫(九州大学)

           閔智焄(立命館大学)
                  「韓国政府の「反日政策」の連続性と日韓関係に関する分析‐「構成主義」から
                     みる李承晩政権から文在寅政権までの対日政策」
            討論:木村幹(神戸大学)

15:15-17:00 ディスカッション「韓国第22代国会議員選挙の結果を受けて」

            司会進行:澤田克己(毎日新聞)
            報        告:木村幹(神戸大)
            討        論:西野純也(慶應義塾大学)
           河昇彬(韓国外国語大学)

*討論者は追加予定。フロアにも積極的に参加を求めます。

本件に関するお問い合わせは企画担当理事(email hidden; JavaScript is required)までお願い致します。

Posted in 未分類 |

第28回定例研究会のご案内&研究報告募集(自由論題)

 第28回定例研究会を下記の要領で開催いたします。4月に実施される韓国総選挙の結果を受けたディスカッション、および自由論題の研究報告を予定しています。

日時:2024年6月1日(土)    13時〜18時

(予定。報告者の人数によって変動する可能性があります)

場所:龍谷大学大宮キャンパス(京都市)

 つきましては、この研究会における自由論題の研究報告を募集いたします。1人当たりの報告時間は20分とします。報告を希望される方は、お名前、ご所属、報告テーマ、報告概要(400字程度)を2024年3月31日(日)までに下記連絡先宛にお知らせ下さい。

 会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしています。なお非会員の方でも、これを機に入会するという方は歓迎です。会員におかれましては、大学院生や若手研究者に積極的な応募を奨励していただけますようお願いいたします。

 対面形式での開催を予定しています。何らかの事情で別形式となる場合にはメールや学会サイトでお知らせします。

企画担当:澤田克己・宮本悟・西野純也

連絡先: email hidden; JavaScript is required

Posted in 未分類 |

『現代韓国朝鮮研究』第24号の掲載論文(一般論文)の公募

2024年11月刊行予定の『現代韓国朝鮮研究』第24号において、一般論文(自由論題の論文、研究ノート)を公募いたします。どうぞ奮ってご応募ください。

第24号掲載希望の原稿の締め切りは、2024年4月30日(火)です。事前エントリーは特に必要ありません。詳しくは投稿規定をご覧ください。原稿はEメールで『現代韓国朝鮮研究』編集委員会までお送り下さい。

また、原稿の分量について、原則として最終的に学会誌13ページ以内に収まる分量ということにさせていただきます。スペースなどの取り方にもよりますが、23000字以内を一つの目安とお考えください(図、表などを使用される場合はそれらを含めての目安としてください)。査読の結果、掲載が認められた場合でも、校正の段階で原則13ページ以内に調整をお願いすることになりますので、それを前提にご準備いただければ幸いです。

*原稿提出に関する一般的注意

§ 投稿規定および執筆要項は学会ホームページの『現代韓国朝鮮研究』の項目を参照して下さい。

§  原稿はEメールで、下記アドレスまでお送りください。

§  原稿はできるだけMicrosoftのWordをお使いください

§  原稿の応募にあたってはEメールアドレスを明記してください。

§  Eメール以外の方法での投稿に関しては、編集委員会までお問い合わせ下さい。 


§  原稿提出後、1週間以内に受領メールを送付しますが、万一、受領メールが届かない場合は、恐れ入りますが、(ackj.editor<at>gmail.comまでご確認のメールをお送りいただければ幸いです(※<at>は、@に変換してください)。


*上記公募に関するお問い合わせ先

『現代韓国朝鮮研究』編集委員会
 常葉大学外国語学部 崔慶原研究室
  〒422-8581  静岡市駿河区弥生町6-1
   ackj.editor<at>gmail.com(※<at>は、@に変換してください)

Posted in 未分類 |

第24回研究大会(2023)

第24回研究大会(2023)

開催日:2023年12月16日(土)
場 所:立命館大学 衣笠キャンパス(〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1)
    創思館・平井嘉一郎図書館

13時〜13時50分             総会(創思館1階カンファレンスルーム)

14時〜15時30分            自由論題A:韓国政治・歴史と記憶(創思館3階SO303)
           報告者:
           ・閔智焄(立命館大学):「駐日韓国公館」と「駐韓日本公館」      
            の設置過程を通じた日韓関係に関する考察
           ・米沢竜也(神戸大学):過去清算と記憶をめぐる政治—東学農
            民革命を事例として—
           ・重岡こなつ(東京大学):韓国・文化財政策における「国家遺
            産」概念の成立と受容過程
            討論者:浅野豊美(早稲田大学)、緒方義広(福岡大学)

 14時〜15時30分            自由論題B:韓国政治・政策論(創思館3階SO312)
                                            報告者:
                                               ・徐聖鉉(立命館大学):日韓の少子高齢化より触発される有
                                                   権者間の不平等問題に関する考察
                                               ・金明中(ニッセイ基礎研究所):韓国における少子化の現状
                                                   と課題―日本の少子化対策から学ぶところは?ー
                                               ・李尚佑(神戸大学):仁川経済自由区域による松島国際都市
                                                   の開発過程 ― 国・自治体・民間の間、組織間の集合行為
                                                   (Institutional Collective Action)に基づいて ―
                                            討論者:福島みのり(名古屋外国語大学)、ペ・ジュンソプ
          (明治学院大学)

14時〜15時30分             自由論題C:韓国社会(創思館4階SO401)
                                            報告者:
                                               ・新藤麻里(東京大学):大人の条件意識に関する日韓比較
                                               ・山口祐香(神戸大学): ”日本人の起源”を問う:韓国語新聞
                                                   記事を手がかりにした70年代「古代史ブーム」をめぐる言説                                                       分析
                                               ・今里基(立命館大学):在釜山日本人留学生に対する考察-                                                     ソウルとの比較から―
                                            討論者:小針進(静岡県立大学)、木下奈津紀(佐賀女子短期大
           学)

14時〜15時30分             自由論題D:北朝鮮(創思館4階SO403)
                                            報告者:
                                               ・山口亮(東京大学):「国防5ヵ年計画」と北朝鮮の海軍力                                                     への影響
                                               ・宮本悟(聖学院大学):なぜ北朝鮮の政治体制は強靭なの                                                         か?‐中国やベトナム、キューバ、ラオスの市場経済化の過程                                                     との比較-
                                            討論者:三村光弘(新潟県立大学)、井上智太郎(共同通信)

15時45分〜17時45分 尹徳敏・韓国大使との対話(創思館1階カンファレンスルーム)
                                           基調講演:尹徳敏(駐日韓国大使)
                                           討論者:小此木政夫(慶応大学)

18時〜20時              懇親会・学会賞授与式(諒友館内の立命館大学生協食堂)

Posted in 未分類 |

第27回定例研究会

 日時:2023年5月27日(土)13時~18時

場所:東京大学先端科学技術研究センター3号館中2階セミナー室
   (Zoom併用のハイブリッド方式)

 13:10-14:50 研究報告
   司会進行:宮本悟(聖学院大)
     松下茉那(神戸大)
     「韓国における簡易宿泊所密集地域での住民組織について」
      討論:金明中(ニッセイ基礎研究所、亜細亜大学)

      大畑正弘(神戸大)
     「ハッキリ会の活動の全容とその評価をめぐって
      −戦後補償運動、慰安婦問題、アジア女性基金−」
      討論:浅野豊美(早稲田大)

      野崎文香(名古屋大)
     「現代韓国における「ジェンダー葛藤」に関する考察
      —「バックラッシュ」という視点から—」
      討論:柳采延(常葉大)

15:00-15:30 現地報告
   司会進行:宮本悟(聖学院大)
     鄭傚民(京都大)
     「政府開発援助による開発経験のモデル化ーセマウル運動を事例にー」

 15:30-16:00 研究報告
   司会進行:宮本悟(聖学院大)
     金容民(建国大)
     「北朝鮮からの脱北者を再考する
      ー脱北者に関するYouTube動画の社会的・意味的ネットワーク分析」
      討論:塚本壮一(桜美林大)

 16:15-18:00 ラウンドテーブル
   司会進行:木村幹(神戸大)
     尹在彦(立教大)
     「国内政治の構造変容と人権規範の受容問題
      ー日韓の人権機関の発足における政治過程」

     浅野豊美(早稲田大)
     「日韓の歴史和解はなぜ困難なのかー現状分析を超えた理論的考察の必要」

   討論:木宮正史(東京大)

Posted in 未分類 |

第24回研究大会・総会のお知らせ

現代韓国朝鮮学会の研究大会を以下のとおり開催致します。どうぞ奮ってご参加下さい。往復はがきでの案内はお送りしません。対面開催で、オンライン対応はありませんので、ご注意ください。参加者は12月8日(金)までに文末のフォームで参加申請をして下さい。

会員は参加費無料です。非会員も参加可としますが、参加費1000円を徴収します。

4年ぶりに懇親会を開催します。会費は5000円(学生会員は3000円)とさせていただきます。懇親会には、突然の公務が入らない限り、尹徳敏・駐日韓国大使も参加される予定です。おおまかな出席人数を確認したいので、参加申請の際に懇親会出欠の意向も可能な限りご記入ください。なお非会員の懇親会参加も認めたいと思いますが、非会員は事前登録を必須とします。また非会員は、人数制限の関係で参加をお断りすることもあります。

本件に関するお問い合わせは企画担当理事(email hidden; JavaScript is required)までお願い致します。

【注意】天候・災害等の事情、不測の状況変化により、大会日程を変更することなどがあり得ますので、参加直前に学会ホームページやメールを必ずご確認下さい。教室等は後日、案内いたします。

開催日:2023年12月16日(土)
場 所:立命館大学 衣笠キャンパス(〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1)創思館・平井嘉一郎図書館

アクセスマップ  https://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/

11時30分〜12時30分    理事会(平井嘉一郎図書館カンファレンスルーム)

 12時30分                        受付開始(創思館1階カンファレンスルーム前)

13時〜13時50分             総会(創思館1階カンファレンスルーム)

14時〜15時30分            自由論題A:韓国政治・歴史と記憶(創思館3階SO303)
           報告者:
           ・閔智焄(立命館大学):「駐日韓国公館」と「駐韓日本公館」      
            の設置過程を通じた日韓関係に関する考察
           ・米沢竜也(神戸大学):過去清算と記憶をめぐる政治—東学農
            民革命を事例として—
           ・重岡こなつ(東京大学):韓国・文化財政策における「国家遺
            産」概念の成立と受容過程
            討論者:浅野豊美(早稲田大学)、緒方義広(福岡大学)

 14時〜15時30分            自由論題B:韓国政治・政策論(創思館3階SO312)
                                            報告者:
                                               ・徐聖鉉(立命館大学):日韓の少子高齢化より触発される有
                                                   権者間の不平等問題に関する考察
                                               ・金明中(ニッセイ基礎研究所):韓国における少子化の現状
                                                   と課題―日本の少子化対策から学ぶところは?ー
                                               ・李尚佑(神戸大学):仁川経済自由区域による松島国際都市
                                                   の開発過程 ― 国・自治体・民間の間、組織間の集合行為
                                                   (Institutional Collective Action)に基づいて ―
                                            討論者:福島みのり(名古屋外国語大学)、ペ・ジュンソプ
          (明治学院大学)

14時〜15時30分             自由論題C:韓国社会(創思館4階SO401)
                                            報告者:
                                               ・新藤麻里(東京大学):大人の条件意識に関する日韓比較
                                               ・山口祐香(神戸大学): ”日本人の起源”を問う:韓国語新聞
                                                   記事を手がかりにした70年代「古代史ブーム」をめぐる言説                                                       分析
                                               ・今里基(立命館大学):在釜山日本人留学生に対する考察-                                                     ソウルとの比較から―
                                            討論者:小針進(静岡県立大学)、木下奈津紀(佐賀女子短期大
           学)

14時〜15時30分             自由論題D:北朝鮮(創思館4階SO403)
                                            報告者:
                                               ・山口亮(東京大学):「国防5ヵ年計画」と北朝鮮の海軍力                                                     への影響
                                               ・宮本悟(聖学院大学):なぜ北朝鮮の政治体制は強靭なの                                                         か?‐中国やベトナム、キューバ、ラオスの市場経済化の過程                                                     との比較-
                                            討論者:三村光弘(新潟県立大学)、井上智太郎(共同通信)

15時45分〜17時45分 尹徳敏・韓国大使との対話(創思館1階カンファレンスルーム)
                                           基調講演:尹徳敏(駐日韓国大使)
                                           討論者:小此木政夫(慶応大学)

18時〜20時              懇親会・学会賞授与式(諒友館内の立命館大学生協食堂)
                                              会費:一般会員5000円、学生会員3000円
                                              *会費はなるべく事前振り込みでお願いします。振込先口座                                                          は、参加登録された方にお伝えします。

参加登録フォームhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfegIs_Sch7pgSIVcTWLL7CQLXxdnMHVCv95_9jB78LxVzLmg/viewform

Posted in 未分類 |

2023 年度 現代韓国朝鮮学会賞(「小此木賞」)の推薦について

 現代韓国朝鮮学会賞(「小此木賞」)の候補論文等の推薦を、下記の要領で受け付けます。ご推薦いただきますようお願い申し上げます。

1. 推薦の必要書類等

(1)推薦しようとする「論文」1部、または「学術図書」1部

(2)「推薦票」1通
 所定の「推薦票」を以下よりダウンロードして利用しても、任意の書式で作成しても  
 構いません。ただ、任意の書式で提出する場合は、執筆者名、論文名、掲載誌名・巻
 号、発行年月日、発行所、推薦会員の情報(氏名、所属機関、連絡先、E-mailアドレ
 ス)、被推薦会員の情報(氏名、所属、生年月日、入学した大学院博士後期課程、連
 絡先)を漏れなく記載するようにして下さい。

 <<推薦票ダウンロードはこちら>> PDFファイル  Wordファイル

(3)「推薦理由書」(A4用紙横書きで1枚以内) 1通
 所定の「推薦理由書」を以下よりダウンロードして利用しても、任意の書式で作成して
 も構いません。

 <<推薦理由書ダウンロードはこちら>> PDFファイル  Wordファイル

2.推薦の要件等について

 候補論文または学術図書は、「現代韓国朝鮮学会賞(小此木賞)に関する規定」をお読みのうえ、推薦して下さい。その要点は次の通りです。

【要点】 賞の対象は、現代韓国朝鮮の政治・経済・社会・国際関係等に関して、過去概 
 ね1年以内に刊行された優れた論文、または学術図書(※a)を執筆した現代韓国朝鮮
 学会会員の若手研究者(※b)です。会員による他薦を原則としますが、自薦も妨げま
 せん。

 ※a『現代韓国朝鮮研究』第22号の掲載論文(「若手研究者」執筆のもの)は選考対
  象になりますが、その他、大学、研究所等が発行する学術定期刊行物(当学会以外の
  学会誌は除く)に掲載された論文、または学術図書(当学会以外の学会が発行したも
  のは除く)のうち、会員からの推薦があったものも選考対象となります。いずれも、
  条件を満たす推薦したい論文、または学術図書があれば、上記1の必要書類を作成の
  うえ、ご送付下さい。

 ※b 「若手研究者」とは、①授賞が決定された年の末日において年齢満40歳未満者、 
  ②授賞が決定された年の末日において、博士後期課程(これに相当するものを含む)
  に入学してから満10年を経過していない者、③その他、理事会が認めた者、のいずれ
  かを満たす者を言います。

3.書類の送付先と締め切り

 必要書類をEメールに添付して下記アドレスへ送付して下さい。メールの件名は、<現代韓国朝鮮学会賞応募(推薦会員氏名)>として下さい。郵送または宅配便による応募は受け付けておりません。
 論文は、原本、またはその別刷をスキャン等によってPDF化したものをお送り下さい。サイズが大きくEメールでの送付が難しい場合、PDF化が難しく、別刷または原本の複写を送付したい場合は、応募時のEメールにその旨明記して下さい。
 学術図書については、Eメールによる応募後に送付先住所をお知らせしますので、そちらに郵便または宅配便で送付して下さい。
 審査後、書類は返却しませんのでご了承下さい。Eメールでの応募の締め切りは2023年7月14日(金)(必着)です。書類受領後一週間以内を目途に、受領確認のEメールをお送りします。確認メールが届かない場合はお問い合わせ下さい。

email hidden; JavaScript is required (学会賞担当理事:小倉紀蔵)

Posted in 未分類 |

第24回研究大会(2023)のお知らせ、研究報告募集(自由論題)

現代韓国朝鮮学会の第24回研究大会・総会を以下のとおり開催致します。どうぞ奮ってご参加ください。オンラインにも対応する可能性はありますが、今年から対面オンリーの開催に戻すことを検討しています。状況が許せば、以前のような懇親会を当日夕刻に開くことも考えています。

 新型コロナ対策の行動制限が解除されてインバウンドが戻ってきているため、京都の宿泊事情は厳しくなっています。研究大会は秋の行楽シーズンを外した日程で、現時点では余裕があるようです。参加申請の受付は秋以降となりますが、宿泊については早めに予約をしていただくようお願いいたします。

開催日:2023年12月16日(土)

場所:立命館大学 衣笠キャンパス(〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1)

アクセスマップ  https://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/

つきましては、研究大会における自由論題の研究報告を募集します。自由論題のテーマは以下の通りです。

(1)  韓国の政治経済
(2)  韓国の社会文化
(3)  北朝鮮

報告を希望される会員の方は、お名前、ご所属、報告テーマ、報告概要(400字程度)を2023年9月30日(土)までに下記連絡先宛にお知らせ下さい。会員の皆様の積極的なご応募をお待ちしています。(*締切を2023年8月31日より9月30日に延長しております)

企画担当:澤田克己・宮本悟
連絡先: email hidden; JavaScript is required

Posted in 未分類 |

定例研究会(第27回)オンライン参加申請用フォーム

5月27日に以下の要領で開催される第27回定例研究会は、ハイブリッドでの開催となります。オンライン参加を希望する方は、下記リンクのフォームで参加申請をしてください。前日までに会議参加用リンクをメールでお送りします。

現代韓国朝鮮学会研究会オンライン参加申請用フォーム

日時:5月27日(土)13時~18時
場所:東京大学先端科学技術研究センター
   3号館中2階セミナー室
   <https://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/access.html>

13:10-14:50 研究報告
   司会進行:宮本悟(聖学院大)
   松下茉那(神戸大)
       「韓国における簡易宿泊所密集地域での住民組織について」
     討論:金明中(ニッセイ基礎研究所、亜細亜大学)

   大畑正弘(神戸大)
       「ハッキリ会の活動の全容とその評価をめぐって−戦後補償運動、慰安婦  
        問題、アジア女性基金−」
     討論:浅野豊美(早稲田大)

   野崎文香(名古屋大)
       「現代韓国における「ジェンダー葛藤」に関する考察—「バックラッシ
        ュ」という視点から—」
     討論:柳采延(常葉大)

15:00-15:30 現地報告
   司会進行:宮本悟(聖学院大)
   鄭傚民(京都大)
       「 政府開発援助による開発経験のモデル化ーセマウル運動を事例にー

15:30-16:00 研究報告
   金容民(建国大) 
       「北朝鮮からの脱北者を再考する——脱北者に関するYouTube動画の社会
        的・意味的ネットワーク分析」
     討論:塚本壮一(桜美林大)

16:15-18:00 ラウンドテーブル
   司会進行:木村幹(神戸大)
   尹在彦(立教大学)
       「国内政治の構造変容と人権規範の受容問題:日韓の人権機関の発足にお
        ける政治過程」

   浅野豊美(早稲田大)
       「日韓の歴史和解はなぜ困難なのかー現状分析を超えた理論的考察の
        要」
     討論:木宮正史(東京大)

Posted in 未分類 |

定例研究会(第27回)のお知らせ

第27回定例研究会は、以下の要領でハイブリッド形式で開催いたします。

 日時:5月27日(土)13時~18時

場所:東京大学先端科学技術研究センター

   3号館中2階セミナー室

   <https://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/access.html>

 

13:10-14:50 研究報告

   司会進行:宮本悟(聖学院大)

 

   松下茉那(神戸大)

   「韓国における簡易宿泊所密集地域での住民組織について」

   討論:金明中(ニッセイ基礎研究所、亜細亜大学)

 

   大畑正弘(神戸大)

   「ハッキリ会の活動の全容とその評価をめぐって

     −戦後補償運動、慰安婦問題、アジア女性基金−」

   討論:浅野豊美(早稲田大)

 

   野崎文香(名古屋大)

   「現代韓国における「ジェンダー葛藤」に関する考察

     —「バックラッシュ」という視点から—」

   討論:柳采延(常葉大)

 

15:00-15:30 現地報告

   司会進行:宮本悟(聖学院大)

   鄭傚民(京都大)

   「政府開発援助による開発経験のモデル化

      ーセマウル運動を事例にー」

 

15:30-16:00 研究報告

   司会進行:宮本悟(聖学院大)

   金容民(建国大)

   「北朝鮮からの脱北者を再考する

     ー脱北者に関するYouTube動画の社会的・意味的ネットワーク分析」

   討論:塚本壮一(桜美林大)

 

16:15-18:00 ラウンドテーブル

   司会進行:木村幹(神戸大)

   尹在彦(立教大)

   「国内政治の構造変容と人権規範の受容問題

      ー日韓の人権機関の発足における政治過程」

   浅野豊美(早稲田大)

   「日韓の歴史和解はなぜ困難なのか

      ー現状分析を超えた理論的考察の必要」

   討論:木宮正史(東京大)

Posted in 未分類 |