2020年度研究大会・総会のオンライン開催について

常葉大学(静岡市)で11月21日に開催予定であった2020年度研究大会・総会について、開催形式について理事会と大会実行委員会で検討して参りました。新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる情勢が好転しないことから、会員、関係者、開催校とその地域の皆様の安全を十分に確保するのは今後も難しい状況が続くと判断致しました。

2020年度研究大会・総会を、オンライン開催とすることを決定しましたので、お知らせ致します。

開催日に変更はありません。参加方法(事前の申込、当日の形式、スケジュール)は、詳細が決まり次第、ホームページやメーリングリストを通じて、会員の皆様へは別途、情報提供をさせて頂きます

皆様におかれましては、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
                 

2020年7月29日
                               会長 小針進

Posted in 未分類 |

2020年度研究大会自由論題報告の募集

2020年度研究大会自由論題報告の募集

 2020年11月21日(土)、常葉大学静岡草薙キャンパス(静岡県静岡市駿河区)にてで現代韓国朝鮮学会2020年度研究大会が開かれます。つきましては、自由論題での報告者を募集したく存じますので、奮ってご応募願います。

 韓国・朝鮮の社会科学研究及び歴史研究に関するものであれば論題・内容は自由です。採用および討論者の選定は、原則として研究大会実行委員会および学会企画担当が決定します。

 今回の大会においては、5月に実施予定であった定例研究会で報告予定であった会員の方々は、そのまま本研究大会での報告の権利を有することになります。もし、報告を取りやめる場合には、別途ご連絡いただければ幸いです。報告の表題等に変更がある場合にもご一報いただければ、と思います。

 なお恐縮ですが、できるだけ多くの会員に報告の機会を持っていただくため、過去1年間の研究大会・研究会で発表された会員も応募はできますが、採用の優先順位が低くなる場合があることをご了解ください。

 また、新型コロナウイルス感染の状況次第では、他の形式(オンライン等)での実施や中止となる可能性があることもお含みおきください。

 応募される会員は、以下の項目について8月21 日(金)までに、学会企画担当までメールにてお知らせください。

(1)氏名(ふりがな)

(2)所属(院生の場合は、その旨を明記下さい)

(3)連絡先(メールアドレス及び電話番号)

(4)発表テーマ・内容(内容はできるだけ具体的にお書き下さい)

 連絡先:学会企画担当 email hidden; JavaScript is required

 応募内容を研究大会実行委員会・学会企画担当が検討の上、8月28日(金)までに報告可否について返信いたします。なお、報告者にはレジュメ(A4版2枚以内)の事前提出義務が課されます(レジュメ集は大会実行委員会が印刷・製本し、会場で配布します)。レジュメ以外にも報告資料やフルペーパーの配付を推奨しています。これらについては報告者が自ら適当な部数を複写し、報告当日に持参する必要があります。

 会員の皆様の積極的なご応募をお願いいたします。

2020年度研究大会実行委員会

実行委員長  福島みのり(常葉大学)
学会企画担当 木村幹(神戸大学)・崔慶原(常葉大学)

2020年7月9日追記:

 *なお、現在非会員で報告を希望される方は、本学会への入会申請書類をお送りいただいた上で、「入会申請中」の旨を注記して、ご応募ください。また、報告には事前の会費納入が前提となりますので、事前に必ず納入をお願いいたします。

 

Posted in 未分類 |

2020年度現代韓国朝鮮学会賞(小此木賞)の推薦について

現代韓国朝鮮学会会員の皆様

 現代韓国朝鮮学会賞(小此木賞)の候補論文等の推薦を、下記の要領で受け付けます。ご推薦いただきますようお願い申し上げます。(学会賞担当理事:有田伸)

                   記

1. 推薦の必要書類等
(1)推薦しようとする論文1部または学術図書1部

(2)推薦票1通
※所定の「推薦票」をダウンロードしてご利用頂いても、任意の書式に執筆者名、論文名、掲載誌名・巻号、発行年月日、発行所、推薦会員の情報(氏名、所属機関、連絡先、E-mailアドレス)、被推薦会員の情報(氏名、所属、生年月日、入学した大学院博士後期課程、連絡先をご記述頂いても構いません。

<<推薦票ダウンロードはこちら>> PDFファイル  Wordファイル

(3) 推薦理由書(A4用紙横書きで1枚以内) 1通
※所定の「推薦理由書」をダウンロードしてご利用頂いても、任意の書式にご記述頂いても構いません。

<<推薦理由書ダウンロードはこちら>> PDFファイル  Wordファイル

2.推薦の要件等について
 候補論文または学術図書の推薦は、「現代韓国朝鮮学会賞(小此木賞)に関する規定」(http://www.ackj.org/?page_id=991)をお読みの上、お願いします。その要点は次のとおりです。

【要点】賞の対象は、現代韓国朝鮮の政治・経済・社会・国際関係等に関して過去概ね1年以内に刊行された優れた論文または学術図書(※1)を執筆した現代韓国朝鮮学会会員である若手研究者(※2)です。会員による他薦を原則としますが、自薦も妨げません。

※1『現代韓国朝鮮研究』第19 号(2019 年11 月刊行)の掲載論文(「若手研究者」執筆のもの)は選考の対象になりますが、その他、大学、研究所等が発行する学術定期刊行物(当学会以外の学会誌は除く)に掲載された論文、または学術図書(当学会以外の学会が発行したものは除く)のうち、会員からの推薦があったものも選考対象にしております。いずれも、条件を満たす推薦したい論文または学術図書があれば、上記1の必要書類をご送付ください。

※2「若手研究者」とは、①授賞が決定された年の末日において年齢満40 歳未満の者、②授賞が決定された年の末日において博士後期課程(これに相当するものを含む。)の入学後満10 年を経過していない者、③その他、理事会が認めた者のいずれかを満たす者を言います。

3.書類の送付先と締め切り
本年度は必要書類をEメールに添付して下記アドレスへ送付してください(メールの件名は【現代韓国朝鮮学会賞応募(氏名)】としてください。郵送または宅配便による応募は不可)。論文は原本、またはその別刷をスキャン等によってPDF化したものをお送りください(サイズが大きくEメールでの送付が難しい場合はご相談ください)。学術図書については、Eメールによる応募後に送付先住所をお知らせしますので、そちらに郵便または宅配便で送付してください(論文のPDF化が難しく、別刷または原本の複写を送付されたい場合も同様ですので、応募時のEメールにその旨記してください)。審査後、書類は返却いたしませんのでご了承ください。Eメールでの応募の締め切りは2020 年7 月9 日(木)(必着)です。書類受領後一週間以内を目途に、受領確認のEメールをお送りします。それが届かない場合はお問い合わせください。

 email hidden; JavaScript is required (有田伸)

Posted in 未分類 |

5月定例研究会の中止について

新型コロナウイルスの感染拡大を受けまして、5月23日に予定しておりました第25回定例研究会を中止することと致しました。
 学術の発展、報告予定者の業績積み上げという面では大変に残念でありますが、会員の皆様の安全を最優先とする立場から、苦渋の決断となりました。皆様におかれましては、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 


Posted in 未分類 |

定例研究会(第25回)開催のお知らせ

 

現代韓国朝鮮学会の定例研究会(第25回)を以下の通り開催致します。奮ってご参加ください。

 

日時:2020年5月23日(土)13:45~17:20

場所:広島市立大学国際学部棟402講義室

   広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号

   https://www.hiroshima-cu.ac.jp/content0002/

   *3つある棟のうち真ん中が国際学部棟です。

 

プログラム:

13:45~

開会の辞

自由論題

 崔智喜(東京大学大学院)

   「冷戦変容期における日朝関係の展開:国際政治と経済交流に焦点を当てて」

 郭旻錫(京都大学大学院)

   「崔載瑞の批評 思想 における「日本」と「朝鮮」」

 柳町聡(慶應義塾大学大学院)

   「1950~60年代におけるロッテ創業者・辛格浩の企業家活動-韓国への事業進出を中心として-」

 高城建人(京都大学大学院)

   「1952年1月の韓国国会における憲法改正案について」

閉会の辞

 

※新型コロナウイルスの感染状況やその他の事情により、日程や会場(講義室等)に変更が生じた場合には、学会ホームページ上で周知致します。時節柄、ご了承ください。

 理事・監事の皆様へ:12:00~13:30に国際学部棟311会議室で理事会開催予定です。

Posted in 未分類 |

2020年度研究大会の予告

2020年度研究大会は、2020年11月21日(土)に常葉大学静岡草薙キャンパス(静岡県静岡市駿河区)で1日日程で開催する予定です。

自由論題報告の募集やプログラムの詳細などは、追って学会ホームページとメーリングリストでお知らせいたします。

現代韓国朝鮮学会事務局

Posted in 未分類 |

現代韓国朝鮮学会倫理綱領

倫理綱領の趣旨

本綱領は、現代韓国朝鮮学会会員が心がけるべき倫理綱領であり、会員は現代韓国朝鮮研究を推進し、社会の信頼に応えるために、本綱領を十分に認識し遵守しなければならない。

 

第一条 公正と信頼の確保 

会員は、研究と教育および学会運営にあたって、公正を維持し、社会の信用を損なわないように努めなければならない。

第二条 法令の遵守

会員は、研究と教育および学会運営にあたって、法令を遵守しなければならない。

第三条 プライバシーの保護と人権の尊重

会員は、研究と教育および学会運営にあたって、研究の調査対象者および関係する人々のプライバシーの保護と人権の尊重に最大限留意しなければならない。

第四条 差別の禁止

会員は、研究と教育および学会運営にあたって、思想信条、性別、性的指向、年齢、出自、国籍、宗教、民族的背景、身体の形質的特徴、障害の有無、家族状況などを理由として、差別的な扱いをしてはならない。

第五条 ハラスメントの禁止

会員は、セクシャル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメントなど、ハラスメントにあたるいかなる行為もしてはならない。

第六条 研究資金の適正な取り扱い

会員は、他者より委託・補助された研究資金を適正に使用しなければならない。

第七条 著作権侵害の禁止

会員は、他者の研究のオリジナリティを尊重し、著作権などを侵害してはならない。会員はまた剽窃・盗用、データの捏造・改ざん、二重投稿を行ってはならない。

第八条 調査・研究成果の社会への還元

会員は、調査・研究成果の公益性を自覚し、調査・研究成果の公表に努め、広く社会に還元することに努めなければならない。

第九条 綱領の変更

本綱領の変更は、現代韓国朝鮮学会理事会の決議による。

倫理委員会の設置

第十条 

理事会は、本綱領の目的を実現するため、倫理綱領担当理事を置き、必要に応じて倫理委員会を設置し、その報告を受けて適切な判断と対処を行う。

*本綱領の目的を実現するために内規を定め、現代韓国朝鮮学会は倫理委員会を設置する。

 

【倫理委員会を設置するための内規の新設】

*倫理委員会についての内規

第一条 理事会は、倫理綱領に関わる案件を審議するため、倫理綱領担当理事を含め、複数の委員から成る倫理委員会を設置することができる。

第二条 倫理委員会は、倫理綱領の目的を実現するため、できるだけ迅速な審議を行い、審議の経過および結果を理事会に報告する義務を負う。

第三条 会員および本学会の関係者からの相談を受付けるため、窓口を設置する。

 

*倫理綱領に関わるご相談は、以下の窓口にご連絡ください。

現代韓国朝鮮学会 事務局 E-mail: email hidden; JavaScript is required

Posted in 未分類 |

第25回定例研究会の研究報告募集(自由論題)

現代韓国朝鮮学会では、2020年5月23日(土)に広島市立大学にて定例研究会を開催します。
つきましては、この研究会における自由論題の研究報告を募集いたします。
報告を希望される会員の方は、お名前、ご所属、報告テーマ、報告概要(400字程度)を2020年2月28日(金)までに下記の連絡先宛お知らせ下さい。
会員の皆様の積極的なご応募をお願い致します。
時間や会場教室等、詳細につきましては、改めてメーリングリスト及び学会ウェブサイトでお知らせします。

企画担当:木村幹・崔慶原
連絡先:email hidden; JavaScript is required
Posted in 未分類 |

『現代韓国朝鮮研究』第20号の掲載論文(一般論文)の公募

2020年11月刊行予定の『現代韓国朝鮮研究』第20号において、一般論文(自由論題の論文、研究ノート)を公募いたします。どうぞ奮ってご応募ください。

第19号掲載希望の原稿の締め切りは、2020年4月30日(木)です。事前エントリーは特に必要ありません。詳しくは投稿規定をご覧ください。原稿はEメールで『現代韓国朝鮮研究』編集委員会までお送り下さい。

また、原稿の分量について、原則として最終的に学会誌13ページ以内に収まる分量ということにさせていただきます。スペースなどの取り方にもよりますが、23000字以内を一つの目安とお考えください(図、表などを使用される場合はそれらを含めての目安としてください)。査読の結果、掲載が認められた場合でも、校正の段階で原則13ページ以内に調整をお願いすることになりますので、それを前提にご準備いただければ幸いです。

*原稿提出に関する一般的注意

§  原稿はEメールで、下記アドレスまでお送りください。
 email hidden; JavaScript is required

§  原稿はできるだけMicrosoftのWordをお使いください。

§  原稿の応募にあたってはEメールアドレスを明記してください。

§  Eメール以外の方法での投稿に関しては、編集委員会までお問い合わせ下さい。

§  原稿提出後、1週間以内に受領メールを送付しますが、万一、受領メールが届かない場合は、恐れ入りますが、(y-takayasu<at>ic.daito.ac.jp)までご確認のメールをお送りいただければ幸いです(※<at>は、@に変換してください)。

上記公募に関するお問い合わせ先

『現代韓国朝鮮研究』編集委員会(編集委員長 高安雄一)
email hidden; JavaScript is required
〒175-8571 東京都板橋区高島平1-9-1 
大東文化大学経済学部 高安雄一研究室

Posted in 未分類 |

2019年度現代韓国朝鮮学会賞(小此木賞)授賞のお知らせ

2019年度の現代韓国朝鮮学会賞(小此木賞)は審査の結果、高賢来会員の著書
『冷戦と開発―自立経済建設をめぐる1950年代米韓関係』(法政大学出版局,
2018)に授けられることとなり、11月9日に開催された学会大会において授賞式
が行われました。

2019年11月9日
 現代韓国朝鮮学会
 学会賞担当理事兼審査委員長
 有田 伸

Posted in 未分類 |